dip Engineer Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Go言語LT大会! 「最近、Go言語始めました」の会で恥ずかしいLTをしてきた話 #saikin_go

はじめまして、micchieです。 最近の私の家です。

本日の家はこちらになります。

プライベートはとにかく大好きなGo言語をネタに突き進んでいます...が、仕事ではhogehagehogehagehogehagehogehage... 取り乱しました。

8日にこのようなイベントが開催されたので、喋ってきました。

connpass.com

最近Go言語を始めたばかりという未来のある若者たちが、青いLTをするのだろうと思い込み、ココで敢えておばさんも参入してみんと思い立ったわけです。

speakerdeck.com

そこでこんな話をしてきました。

他の皆さんのLTといえば... まとめを見てみましょう。

togetter.com

非常に有益なネタばかりですね。 本当にあなたたち最近Go始めた人なのですか!?と思ったのですが、Goを始めたのが最近なだけで、もともとベテランエンジニアの皆さんでした。 いつまでもゆるふわではイカンな〜 と思った次第です。

ちなみに、今回のイベント後にやろうと思ったことは、下記の通り。

  • とある内緒のプロジェクトでGovendor採用する。
  • Worker Threadをちゃんと調べる。本質を理解せずに書いていたと思うので。
  • そうだ!例のsocket使っているサイトをGoにすげ替えてしまおう。

本当に楽しかったし、モチベーションも上がったし、Goっていいですね!!

www.instagram.com

ディップエンジニアはMac派?Windows派?

ディップエンジニアA/Bテスト

こんにちは!

Androidエンジニア兼ライターの大屋です。

12月に入り2016年も残すところ1カ月となりました。2016年やり残しのないよう頑張っていきましょう!

さて、本日はエンジニアA/Bテストの第三弾!お題は

『ディップエンジニアはWindows派?Mac派?

となっております。

エンジニアにとって開発環境はとても重要です。使い慣れた環境でないと実力を発揮できないエンジニアも多いんじゃないでしょうか? ちなみに自分は根っからのMac派です。では結果を見ていきましょうー!

ディップで働くエンジニアはMac派?Windows派?...

f:id:toshihirooya:20161209100241p:plain

なんと、

Windows派が63.6%

Mac派が36.4%

となりました。

意外だっ!

自分は大学に入学してからMac!Mac!Mac!のMac信者だったのでエンジニアならUnixベースで使い易いMacだろうと思っていたんですが意外な結果がでてしまいました。

「Why windows users !?」ということで、 各々の選んだ理由を見ていきましょう。

Windowsを選んだ理由

■子供の頃から使っていたので操作に慣れている
■使っている人が多いからです。
■右クリックがあるから。サポートが多いから。
■昔から使っていて慣れている。
■安さ、選択肢の多さ、業務都合、慣れ、等
■ずっと使っているから
■使い慣れているソフトが多い
■MACは使ったことがないので
■Apple が嫌い
■使っている時間が長いから
■Macを買うお小遣いがない。。。


Macを選んだ理由

■ハードウエアの所有感が良い。ソフトの文字間隔やフォントが好き。
■Windowsはフォントが汚いので...
■慣れているから
■環境を構築しやすい
■UNIXベース。デザインかっこいい。
■xcode使うために買って、今に至る
■macの方が開発環境が整っているため
■大学に入学してからずっとMac使ってたから。


昔から使っているからという理由を除いてまとめると、Windows派の方は業務都合であったり、安さ、右クリックある、アンチアップルという意見があるようです。また、Mac派の方はデザインがカッコいい、環境構築が楽、というのが主な理由のようです。

Windows派の意見に業務都合とありますが、ディップで支給されるデスクトップPCとノートPCはWindowsとなってます。 全社で使用する為、情報共有や管理のしやすさからWindowsPCが選ばれておりますが、 システム開発部では希望者に対してMacを支給していますのでMac派の皆様ご安心下さい。

次回予告

さて、今回の「エンジニアA/Bテスト」はいかがでしたでしょうか?

次回は

「ディップで働くエンジニアはインドア派?アウトドア派?」

となります。

次回も宜しくお願いしまーす!

curry in da house!!(@新宿)

ディップエンジニア食堂

先週、たまに行く中華屋さんで初めて蚕の串焼きを食べました。
インセクターkdmと呼んでください。

見た目は完全に虫でした、はい。
ミニ王蟲みたいな。




はいー、今日は新宿のカレー屋さんのご紹介です。

普段は六本木の本社で作業をしているのですが、
昨年プロジェクトの関係で新宿オフィスに数ヶ月常駐していたことがあり、その際にお昼にひたすらカレー屋に攻め込んでいたのです。

ガンジー

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13000880/ f:id:kdm1129:20161206142641j:plain

新宿三丁目と東口の間くらいにあります。

ここのカレーはかなり独特で、率直な感想は 苦い ですね。
とても不思議な味をしているので、一度訪れてみてください。
個人的には美味しいと思いますが、人によって分かれると思います。

モンスナック

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13012067/ f:id:kdm1129:20161206142636j:plain

紀伊國屋書店ビルの地下1階にございます。
ルーがシャバシャバ系のカレーです、はい。シャバシャバ系のカレー大好きです。

コクがあって美味しいカレーでした。
辛さがほとんどなかったので、辛めがいい人は辛口を頼んだ方がいいと思います。

王ろじ

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13000860/ f:id:kdm1129:20161206142631j:plain

ここは厳密にはカレー屋ではなく、とんかつ屋さんです。
しかし、このお店で食べることができる とん丼 (カツカレー)が美味しいのです。

肉厚な揚げたてのカツが3枚入っております。
最高です。最高なカツカレーです。

草枕

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13042970/ f:id:kdm1129:20161206142620j:plain

スパイス感が溢れすぎているカレーです。
ここのカレーも人によって好き嫌いが分かれると思います。

なんと言うか、スパイス以外のものを全て削ぎ落としているような感じです。
旨みやコクみたいなものがざっくり削られているというか。
ひたすら濃厚なスパイスの香りを堪能できます。

たしか辛さも10段階くらいあったので、
辛いのが苦手な人も得意な人も安心仕様です。




神保町に引き続き、今回は新宿東口〜三丁目エリアのカレーを紹介しました。 (前回の記事)

新宿は意外とカレー屋がたくさんありまして、
行ったけれど今回紹介していないお店も結構あります。

みなさん新宿に行く機会があれば是非、
カレー屋さんに寄ってみてください。

dip Advent Calendar 2016 1週目をまとめました

dip Advent Calendar 2016

Androidエンジニア兼ライターの大屋です。

はじまりましたディップシステム開発部のAdvent Calendar!!

今日は1週目の記事をドドーンとまとめていこうと思います!

宜しくお願いします。

ʕ•ᴥ•ʔ<dream! ʕ•ᴥ•ʔ<idea! ʕ•ᴥ•ʔ<passion!

7日までのAdvent Calendar記事

Day 1 : ネイティブアプリのStore情報を取得する

1日目はアプリストアから情報を取得する記事です。

スマートフォンアプリを多くの人に使ってもらい改善していくには、 ユーザーのアプリ利用状況をレビューで把握したり、 Storeの順位を見ながらASO対策の是非を正しく検証する必要があります。 そんな時、Store情報を自動で取得できたら便利ですよね!! 下記リンクの記事はそんなStore情報を取得するノウハウについて書かれてます。

ネイティブアプリのStore情報を取得する - Qiita

Day 2 : UnityでVRのAndroidアプリをビルドする方法

続いての記事は私のVRハンズオンをしてみた記事です。

最近、熱を帯びはじめているVR、都内開催の勉強会はどこも満員御礼の大盛況です。 先日たまたまVR体験会に参加できたのですが 最新の機器は本当にリアルで感動します。 今回の記事ではUnityで最低限のVRアプリを作る方法をまとめてみました。

UnityでVRのAndroidアプリをビルドする方法 - Qiita

Day 3 : JavaScriptテスト自動化キホンのキ

さてさて、3日目の記事はJavaScriptテスト自動化の記事です。

JavaScriptのテスト自動化については個人的に初めて聞きました。 ネット上では自動化についての記事が様々なタイトルで乱立している模様です。 今回、そちらをスッキリまとめているのがこちらの記事です。 導入時につまずきそうなポイントが分かりやすくまとめられています。

JavaScriptテスト自動化キホンのキ - Qiita

Day 4 : Zabbix × Twilio でアラートの電話通知を自動化

4日目の記事はサーバー監視ツールのZabbixとtwilioを連携して サーバーの異常検知から電話発番までを自動化した記事です。 そんな事まで自動化できるのかと初めて聞いたときは驚きました。 実装時のはまりどころや今後の課題についてもかかれておりますので是非ご覧ください。

Zabbix × Twilio でアラートの電話通知を自動化 - Qiita

Day 5 : zabbix外部チェックでcloudwatch連携

続いてはZabbixでサーバー監視をしてデータ蓄積方法についての記事です。 近年、データサイエンティストなる職種ができたりしてますが、 自社サービスを運用するサーバーに対しても逐次健康状態を把握して 備えることはとても大切です。 インフラエンジニアの視点から実装時に注意すべき点や データ可視化について書かれております。

zabbix外部チェックでcloudwatch連携 - Qiita

Day 6 : マルチウィンドウが有効/警告/無効になるアプリの条件を調べてみた。

続いては、ナウいAndroid Nについて、 Android NのNはヌガーのNで、Androidの新OSのコードネームです! ヌガーの新機能マルチウィンドウについてまとめられています。

マルチウィンドウが有効/警告/無効になるアプリの条件を調べてみた。 - Qiita

Day 7 : あらためて振り返ろう!モバイルフレンドリーサイトについて

7日目の記事はSEOについてです。

スマートフォンが登場して以降、SEOの世界も大きく変わってきています。デスクトップ端末に比べてスマートフォンの画面は小さく、小さい画面であってもユーザーに対して使い易いサイト設計になっているかが重要です。画面のサイズに対しての最適化は一例ですが、最新のSEO対策についてまとめられています。

あらためて振り返ろう!モバイルフレンドリーサイトについて - Qiita

以上、1日目から7日目までの記事をまとめました。 この記事、良いなと思ったらいいね!ボタンで応援宜しくお願いします。

1週目終わりましたが...

さて、1週目終わりましたが、バトン....つながっています!

記事の内容としてはVRやJavaScriptのテスト自動化、サーバー監視ツール自動化、SEOなど 多様な内容となっておりました。読んでいて勉強になります。 同じシステム開発部の中の人でも、あの人がこんな技術に興味を持っているのかなど 知る機会にもなりAdvent Calendarっていいなと思いました!

まだまだクリスマスまで日数がありますが、この灯を絶やさずクリスマスを迎えたいものです! dip Advent Calendar 2016まだまだ続きますので宜しくお願いします!

Android Bazaar and Conference 2016 Autumn でLTしてきました!

こんにちは、Androidエンジニア兼ライターの大屋です!

Androidエンジニアとして働き始めて半年、 春から開始したAndroidアプリ制作の学習も順調に進み徐々にアプリらしいものができるようになってきました。

仕事としてはバイトルAndroidアプリの機能を一つ担当させていただいたのでAndroid Bazaar and Conference 2016 Autumn(略してABC 2016 Autumn)というAndroidアプリのカンファレンスで発表してきました。

abc.android-group.jp

今回はこちらの内容を書こうと思います。

ABC 2016 Autumn とは?

開催日:2016/11/19
会場:柏の葉キャンパス
規模:1000人

Android Bazaar and Conferenceは日本Androidの会が主催する日本最大級のAndroidカンファレンスです。 一年のうち春と秋に開催されるのですが、集まり自体はConferenceとBazaarの二つに分けられます。

Bazaar

まずはBazaarについてです。

Bazaarでは日本Androidの会に所属する団体がブースを開きアプリや企画を展示しています。 全部のブースを見させてもらったのですが、気になったのは

AIオセロゲーム(Deeplarning)

学生団体のブースでした。Androidのクライアント端末ではオセロゲームをさせて、その対戦ログを元にサーバーサイドで機械学習させるようです。今回の展示ではクライアントでのオセロゲームを見させてもらいましたが、今後は対戦ログをどんどん集めて機械学習させるそうです。まだまだ、ネイティブアプリでの機械学習はスペック的に難しいのでサーバーサイドでの計算が必要不可欠ですが学生さんが実装していることはびっくりしました。

音声認識してツリーのイルミネーションを変えるアプリ(IoT)

こちらのアプリはAndroidアプリからの音声から検索した画像をGoogleの画像認識を使って解析してツリーのイルミネーションの色を変えるというものです。IoTはまだ挑戦したことないようで近いうちにラズパイとか買ってやってみたいと思ってます。ちなみに、「こんにちは!」と言ったら意味不明なイルミネーションになったのですが、「Apple!」と言ったらちゃんと赤いイルミネーションになりました!凄い!

農業支援Androidアプリ(IoT)

最後に農業支援Androidアプリです。農業をする時に気温や湿度と言った外的要因を記録して農業に役立てるというものです。数年前からこういう取り組みは聞きますがAndroidアプリでは初耳だったので驚きました。ちなみに、この農業支援Androidアプリですがハウス農園に限るそうです。理由はハウス栽培でないと、気温の変化や湿度などの軌道修正ができないからです。面白い。

VRハンズオン

Bazaarを見てからLTの時間まではVRハンズオンに参加してきました。 VRハンズオンではUnityを初めて使ったのですが、割とGUIでの設定が可能で楽でした。

ハンズオンの詳細についてはQiitaの記事に書いておりますのでこちらをごらんください。 qiita.com

社外で初めてLTしてきた

VRハンズオンの後はLT発表でした。 実は社外での初LTだったのでとても緊張していました。

発表した内容は強制アップデートというアプリの機能をGoogleのFireBaseを使って実装した話です。 FireBaseのRemoteConfigという機能がなんなのか、 テスト時に注意すべきことなどを共有してきました。

時間がギリギリだったのですが何とか全てのスライドを終えることができました。 個人的な反省点ですが、もっと技術的な内容に踏み込んでもよかったなと思ってます。

当日発表に使った資料はこちらです。

今回初めて社外LTをしてきましたが、とてもいい経験が積めました。 次はもっとうまく発表したいと思います!

馬になった話

ディップエンジニア食堂

おばんどす。kdmです。

先週知人の結婚式があったため久しぶりにスーツを着たのですが、
その翌日から身体に蕁麻疹のようなものが出来ました。

病院に行ったらウイルス性だかアレルギー性だかのものでした。

自分はもう、ビシッとスーツを着てイケてるビジネスマン風の雰囲気を醸し出すことも出来ない身体になってしまいました・・・
スーツアレルギー・・・なのか・・・






話は変わりまして、
自分は学生時代に長津田というところに住んでいたのですが、
今日は長津田の2駅隣の、町田の馬肉屋の紹介です。

柿島屋

食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1327/A132701/13010306/

HP
http://kakijimaya.com/

友人たちとただ単に馬肉が食べたいね!というきっかけで発見したお店だったのですが、調べてみると明治時代に創業した老舗の馬肉専門店でした。

人気がありいつも混んでいるようなので、
もしも訪れることがあるなら事前に予約した方がいいと思います。
(自分も予約してから行きました)

f:id:kdm1129:20161201095029j:plain

はい、馬刺しですね。
とても美味しかったです。

馬刺しも食べたかったものだったのですが、
このお店で一番食べたかったのは・・・

f:id:kdm1129:20161201095032j:plain

肉鍋です!

やばい・・・いい色してますね・・・
最高の鍋選手権があったら上位間違いなしですね・・・

牛のすきやきのように、玉子で食べたりしました。
お店のHPには「味噌風味のすきやき」と記載されているので、
お店的にはすきやきという扱いなんですかね?

〆に米とかぶち込むとなおよし!と、思います。

お値段も1000円ちょっとくらいだったので、リーズナブルでとても良いです。

このほかにもメンチや肉皿など、
様々な一品料理があるので色々と楽しめると思います。

ただ、町田ってなかなか立ち寄ることが少ないのではないか、というのが少し難点かな?と、思ってますが、
もしも機会があれば、ぜひ寄ってみてください!

Advent Calendar やります!

こんにちは。エンジニアの @kurikazu です。

Advent Calendar やりますよ

エンジニアブログ界隈ではすっかり恒例となった Advent Calendar、 今年は我がシステム開発部も挑戦してみることにしました。

qiita.com

ディップは「バイトル」「はたらこねっと」「ナースではたらこ」といった、規模が比較的大きなサービスを 自社で開発、運用していますので、フロントエンドからサーバサイド、インフラ、ネイティブアプリまで、 社内にあるいろいろなTipsをご紹介できればと思っています。

書くメンバーも開発チーム、運用チームからそれぞれ集まってくれたので私個人としてもとても楽しみです。

果たして最後まで無事に完走できるのか!? ぜひご覧ください。

仲間を募集中です!

システム開発部では、いっしょにサービスを創っていく仲間を募集しています。
興味のある方、もしよければお茶しに来てみませんか。お待ちしてます。 www.wantedly.com

www.wantedly.com

www.wantedly.com