dip Engineer Blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディップエンジニア食堂#2

ディップエンジニア食堂

最近Elixirに興味津々のkdmです。

この前母校(大学)の学祭に行ってきたのですが、 その際に出身校のソウルフードとも言えるご飯を食べてきましたので、そちらのご紹介です。

学生時代に友人や先輩と手分けして全メニューを食べた(数日間に分けてです)思い出があります。

えぞ松(神楽坂店)

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13022466/

あれ、食べログの評価が3.5を超えている・・・
そんなバカな・・・

ダイの大冒険のキャラでいうと、
クロコダインくらいのレベルのお店のはずなのに・・・

f:id:kdm1129:20161108121127j:plain

はい、ホイコーロ定食です。
この店の鉄板です。お店の看板にもホイコーロって書いてます。

右のスープは、自分の仲間内では「えぞ汁」と呼ばれているものです。
ちなみにお代わりが出来るようで、
お代わりしているお客さんを初めて見たときの衝撃は凄まじかったです。

このえぞ汁、何がすごいかって、
実はホイコーロの肉とキャベツを炒めるときに、
この汁を鍋にぶち込んで炒めるんです。

そして、その炒めた鍋の汁を、汁の寸胴鍋に戻すんです。
汁を戻している店員さんを初めて見たときの衝撃は凄まじかったです。

そうやって熟成?されたえぞ汁は、
美味しいかどうかは人それぞれですが、
とてつもない存在感を放っております。

ちなみにやきそばなどの一部のメニューではえぞ汁が付かないのでご注意ください。

f:id:kdm1129:20161108122505j:plain

えぞ松に行くと大体ホイコーロを頼んでしまうので、
この日は趣向を変えてチャーハンを頼んでみました。
いい色してますね。
塩味のあっさりチャーハンです。

そして左の方で見切れているのは、えぞ汁です。
いつもと変わらない存在感があります。

実はこの日もえぞ汁で新たな発見がありました。
卒業した後にもこうして発見があるのは楽しいですね。

えぞ汁は見ての通り、茶碗に入っているのですが、
この日茶碗に仕込みみたいなことをしている瞬間を見てしまったのです。

空の茶碗に粉?みたいなものとタレみたいなものと、
ネギなどの食材っぽいものを入れて、
寸胴鍋の近くに茶碗を置いていたのです。

えぞ汁は純粋に、ホイコーロなどを炒めた後のダシのようなものが味のメインになっていると思っていたのですが、どうやら別の味付けがあるような気がしてきました。
(一緒に行ったえぞ松大好き後輩も、その仕込みのことは知らなかったです)

この件についてはまた別日に潜入して、
調査しようと思ってます。

みなさんも是非一度、えぞ汁を体験しに行ってみてください。