dip Engineer Blog

新米女子エンジニアが胃の限界にチャレンジしてみた〜わんこそば〜

こんにちは、新卒1年目、スマホアプリ開発チームの成瀬です(・ω・)ノ

絶賛(というか年がら年中)ダイエット中の身なのですが、
ずっとやってみたいと思っていたわんこそばにチャレンジしてきました。

お店は神奈川の東白楽駅の近くにある「たち花」さんです。
なんと、現在関東でわんこそばをやっているお店はここ一軒のみのようです。
f:id:m-naruse:20170210145558j:plain

店に入ると、
「はい、じゃんじゃん!」
「どんどん!」

と別のグループがわんこそばにチャレンジしているようで、
とっても活気のある店内となっていました。✨

事前に予約をしていたのでお席にはすでに薬味とエプロンの準備が。
結構ツユがとぶようなのでエプロン推奨のようです。
f:id:m-naruse:20170208111134j:plain

頼んだメニューはもちろんこちら
f:id:m-naruse:20170208111143j:plain

店員さんに聞くと、
平均は
男の人:80杯、女の人:60杯 とのこと。
で、それぞれ平均+20杯で景品がもらえるらしいです。
これはチャレンジするしかない!ということで80杯を目標にいこうと決めました。

最悪お腹が爆発してもいいかなと気合を入れたのですが、
爆発したら四散して体重が減ると考えたらそれはそれでいい気がしますね。

いかに効率良く食べるのが良いのか、喉のイメトレなどを同席者としていたところお蕎麦が到着。

お隣のおばさまがせっかくだから、と記念写真を撮ってくださいました。 f:id:m-naruse:20170208111122j:plain 色々な角度から撮っていただいたのですが、その20秒ほどの間におばさまは100枚ほどの写真を撮ってくださいまして、
なんかものすごい連写ハンターだったのがちょっと面白かったです。
f:id:m-naruse:20170208111140j:plain ちなみに、こちらのお椀15杯でざるそば1枚分のようです。

笑うことで箸が進められずの場面もあったので、
わんこそばチャレンジ妨害のために全国を渡り歩いている刺客の可能性もあったのかなぁと今振り返って思いました。

お味はツユと麺の塩梅もちょうどよく、ツルッツルッと進めていくことができました。

..それも30杯くらいでしたが。
30杯の時点でざるそば2枚分なので、正直これ以降は惰性、、自分との戦いって感じです。

後半になるにつれ、最初は1杯ごとに飲み込んでいたのが、
5杯分を一旦口に含んで時間をかけて飲み込むみたいな流れになってきてしまうのですよね。
(店員さんも、だいたいの方はそうなるとおっしゃっていました)

ある程度満足したところで閉じさせていただきました。

終わる際は急いで椀の蓋を被せれば終了となるのですが、
店員さんのテンポの良さと苦しいということがあり蓋を被せるタイミングを逃し続けやめたいタイミング+10杯ほどになってしまいましたが、

結果としては f:id:m-naruse:20170210112804j:plain 90杯完食✨✨✨✨
目標の80杯を超え、景品とチャレンジ成功した先人たちと名を連ねるノートを渡されました。
ちなみに
「次は100杯!(^o^)」
と書いておりますが、終わったばかりの私の心はしばらくお蕎麦は見たくないな…と正直思っていました..

f:id:m-naruse:20170208111147j:plain (食べるタイミングを逃したおばんざい達と5杯ごとに置いていくおはじき)

終わった後は温かいお茶を出していただきゆっくり残ったものを食べました。
あと、景品でいただいた縁結びのお馬のマスコットに思いを馳せ、
f:id:m-naruse:20170208111130j:plain なんでわんこそばからの縁結びなのだろう..とか、
店員さんに「これ縁結びだけではなく仕事運とか金運にもいいみたいですよ」と言われ、
こいつ一体でご利益ありすぎる..お守り界のホープじゃん..(ホープとホースをかけてる)
などという会話などをしながら苦しさが薄まったのち退店しました。

結果としてはほぼ勝ち、みたいなところかなと思います。
「100いけよ」と言ってきた友人もいるのでこの10杯の壁がどれだけ大きいか身を以て知ってもらうためにも、
自分の再チャレンジも含め、また行きたいな、と思っております。

f:id:m-naruse:20170208111149j:plain 「うっ…..」


最後に食べログのURLを載せておきます。
お蕎麦の味は美味しく、わんこそば以外のメニューも豊富ですので、
みなさんお気軽に行ってみてはいかがでしょうか?